2017年03月28日

受験生から新鮮なアドバイス

今年度の受験生は、受験が終わるとすぐに入学の準備で忙しいようです!
さて、そんな受験生から新鮮なアドバイスを頂きました!
始めにお伝えしますが、この記事は結構長文になります。

高2の2月からスタートした受験生Fさんからのアドバイス(抜粋)です。
私がこれから大学受験をする人達に心得て欲しいのは「早いうちから始める」「数をこなす」「苦しくなった時の拠り所を確保しておく」の3点です。第一志望合格を目指して頑張ってください。

こちらは受験直前駆け込みスタートの高校3年生の受験生T君からのアドバイス(抜粋)です。
試験内容が突然かわることもあると思うので、幅広い分野の練習もしておくと良いのではないでしょうか。
出来は良くなくてもとりあえず画面を大きく使って描くことと時間内に完成させることが大切だと思います。
持ち物に時計が書かれていなくても必ず持って行きましょう。


こちらは夏期講習からスタートされた受験生Oさんからの感想です。
入った当初は、デッサンなどまるっきりやったことがありませんでしたが本当に基礎の基礎から丁寧に教えていただけました。改善するべきところをアドバイスしてくれますし、良いところは褒めてくれるのでとてもやりやすかったです。何を用意すればいいか分からずデッサンに必要な道具を貸していただいて本当に助かりました。
まだまだ未熟ですがデッサン等がんばっていきたいと思います。



お寄せいただいたのは一部の受験生ですが、みなさんありがとうございました!
これまでブリージットでも受験生をたくさん見てきましたが、
本格的に進路について考えたり、受験モードに突入するのが高2の終わり~高3に上がった頃・・・という方が多かったように思います。
自分の過去を振り返っても「そうだよな・・・」と思うところもあります・・・
(もっと早くから先のことを考えていれば良かったと今更ですが思ったりもします。うぅ・・・)
周りでは一般の大学に進学する子が多いので、それになんとなく流されてしまう所があるのですよね。
美大受験では、数をこなして経験を積み、技術力とか臨機応変に対応できる力をつけて挑みたいところ・・・!!
できればデッサンは100枚くらいは描いて欲しいです!
個人的な意見ですが車の教習と似ている気もします!
エンジンをかけるとこからスタートして、ならしていって・・・。
免許とってからもたくさん公道を走ってあとは慣れるしか・・・!!それでやっと臨機応変さとか確信できる走りができるような、そんな感じです。結構かかりました。でも未だにはじめての道はコワいです。

科目が多い大学ではデッサンだけでなく、色彩や立体、パースの理解など専門分野の試験もあり、国公立ではさらにセンター試験対策も重なってきますので、先ほどご紹介した受験生の子からの生のアドバイスのように「早いうちから始める」「数をこなす」「苦しくなった時の拠り所を確保しておく」は大切だなと。


さて、これまでは受験についてお伝えしましたが、受験だけに限ったお話ではありません。
漫画やイラストレーターとしてプロを目指すことについても同じです。
こういった世界は技術や経験、地道な努力があって軌道にのっていきますので、要はどれだけそれに費やせたか、みたいなところがデカイです。
もし最短で若いうちから、とお思いの学生さんは、
できるならコツコツと早いうちからその分野に触れておく、知っておく、気づいておくというのは大事です。
大学生になるまででも出版社さんへアタックできるチャンスはかなりあります。
好きならぜひグイグイと進んでもらいたい!!
学院の卒業生でプロとして活動している作家も高校生の頃にアタックしています。

そして社会人の方も、年齢より技術面で勝負できるフィールドでもありますので
今からでもあきらめずにぜひチャレンジしてください!!

ブリージットは、そんな直向きに頑張れる生徒さんのサポートしています!
体験やご相談など、お気軽にご連絡お待ちしています
TEL.079-564-8116 (金曜は終日休講)
posted by ブリージット at 12:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください