2017年07月27日

【画力UP】立体は観察して把握しよう~丸い円柱編~【絵の描き方】

絵が上手くなりたい&絵師を目指そうと絵を練習をされている方、練習しても上手くいかない方、初心者の方・・・
特に、立体と聞いただけで苦手意識を持たれる方はいませんか??

前々から、ここのブログでも、立体の基本は□○△とか、
観察は大事ですよ!とか、見えない部分を意識しましょうね!とか書いてきた覚えがあるのですが
(なかったらすみません)

文章で書くと、分かりにくいので、図にしてみました。

楕円の形をとらえるポイント.jpg

紙コップっぽいのですが、円柱でも同じ感じです。
イラストなら身体や服の袖口、靴下の線とかほんとにたくさんあって、円柱のオンパレードみたいなものなんですけど、基本的な見え方をまず理解しておきたいところ。
そしたら次描くときは、だいぶ解消されているかと思いますので・・・。
ここで「はっ!同じ感じの間違いしてる!」という方は身の回りのものをよく見るクセをつけてみましょう。

絵の初心者の方は、見たままの輪郭線で描かれることが多いかと思いますが
画力UPを目指すなら、違う目を持ってみましょう・・・!!!目にフィルターをかける様な感じです!!
そのフィルターが備わってくれば、他の立体もぜんぜん難しくありません!
頑張りましょう!

お近くにお住まいの方、近隣の方、一緒に勉強してみませんか?


聖ブリージット芸術学院
三田市南が丘1丁目38-4 西山ビル2F
TEL.079-564-8116(金曜日休講)
posted by ブリージット at 17:57| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください