2017年08月01日

つけペンの調子が悪いときの対処法

画材を使って漫画を描くアナログ派の生徒から「つけペンの調子が悪いのですがどうしたらいいですか?」と尋ねられることがあります。
漫画に長けてる方なら周知の事かと思われますが、自分なり経験をふまえてのおすすめの方法をご紹介します。


★とりあえず、問題が何にあるのかを検証してみよう!!!

(1)ペン先を洗ってよく拭くき、紙詰まりや乾燥したインクを掃除するなどペン先のメンテナンスをする
 結果・・・ A:調子よい → インクがついたままペン先を放置しないこと!メンテナンスをこまめに!
 結果・・・ B:それでもだめ → ペン先かインクの問題なので(2)へ進む

(2)新しい(同じ種類の)ペン先に交換して試してみる
 結果・・・ A:調子よい → 今まで使っていたペン先が交換時だった
 結果・・・ B:それでもだめ → インクの問題なので(3)へ進む

(3)ペン先を元のに戻し、インクを新調して試してみよう
 結果・・・ A:調子よい → インクが問題だった
 結果・・・ B:それでもだめ → ペン先、インクにも問題がありそう!?筆圧や持ち方かも?!

大げさな感じですが、大概、これで解決するかと思います。
インクの調子が悪くなるのは、使用を続けていると中の水分が飛んでしまって、見た目には普通に見えていてもインクの水分が蒸発することで濃度が濃くなり、ドロドロになってしまうため、丸ペンなどでは目詰まりを起こしてしまうからなんです。
なので、インクを新しくすることで書き味が復活するのです。
このとき、試すだけなら新しい墨汁とかで試すのもアリです。
まだあるのにもったいない、と思うかもしれませんが、思い切って捨てましょう。

濃度が濃くなっている、との事なので「薄めればいいじゃない!」と思うかもしれませんが、
市販の「漫画用インク」を使用されている方にはあまりお勧めしません・・・
薄めてもあのもとの快適な書き味は戻ってきません・・・

ちなみに、市販の「漫画用インク」ではなく、墨汁を使っている方(100均のでOK)とかでしたら効果がある場合がありますので新しいものに交換しなくても良いかもしれません。
試すときは、別の小さい容器に適量移し入れ、スポイト等で水を追加していきます(よく混ぜましょう)
伸びが良くなれば普通に使えますが、薄めすぎると水っぽくなり滲んでしまうので、そういう場合は墨汁を足して濃度が快適になるまで調整していきます。


使用する道具は、ペン先、ペン軸、インク、紙、自分の手くらいなので、その中でもペン先、ペン軸が調子の大部分を占めていると思われますし、その二つのどちらかに問題があるかまず自分なりに順序だてて検証してみると、無駄な交換やロスは減らせるんじゃないでしょうか。
それでもダメな場合は、ペン先やインクを新しくしても描けない場合は、筆圧か紙の調整する必要があります。ペン先の方向や引きかた、ペン軸との相性など正しく使えていますか??


ちなみに、初めてペン先を使った際(小学生だったか、中学生だったか。。。)、以上のことが分からずに高価なペン先を2、3本つぶしてしまいました。そのとき使ってたのは墨汁と丸ペン先でした。
しばらく使っていなかった墨汁で描こうと思っていたのですが、どうやら濃度が高かったみたいで、インクの出ない丸ペン先に力を思いっきり入れてガリガリやっては「不良品じゃないか!使えない!!」と一人ブチ切れていました。2、3本同じようにつぶしてから、「ん?まさか墨汁が?」という思いに至るのでした…
習字道具だった墨汁は水で薄めてたりしたことがあったので、ちょっと水を加えて墨を伸ばしてみたら
「さっきの描けなささは一体何だったんだ?」というくらいにスラスラ描けたので、丸ペンからこんな細い線が描けるのか!とペン先をつぶした怒りも忘れてむちゃくちゃ感動したことを覚えています。
インクは味見できませんからね・・・見た目の変化はあまり分かりませんからね・・・

他のインク系では水に薄めずに、思い切って新しいものに交換しましょう!
耐水性ではありませんが、100均の墨汁でも全然書くことは可能ですよ!コピックや色鉛筆など、水を使わない画材で着色するのは全然大丈夫です。
耐水のものではない場合、特に、今の時期のような夏場でしたら手汗とかで原稿が汚れてしまうので注意しましょう。

ラベル:つけペン 漫画
posted by ブリージット at 20:13| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください